大東市でインプラント治療を行うならサカモト歯科医院

インプラント:大東市で、おすすめの歯科医院


【 相談無料 】 携帯・スマートフォンからも通話料無料で相談できます。

インプラントに関する悩み・疑問を相談

インプラント:大東市で、おすすめの歯科医院

インプラント治療前の検査・診断・カウンセリングを無料で受けられます。

大東市でインプラント治療を行うならサカモト歯科医院

名称: サカモト歯科医院

院長名: 坂本守

郵便番号: 574-0033

所在地: 大阪府大東市扇町8番1号 1F

お電話でお問い合わせは >> コチラ

診療エリア: 大阪 大東市

大東市でインプラント治療を行うならサカモト歯科医院

↑↑↑↑↑↑
インプラントに関する悩み・疑問を解決

インプラントについて

いつまでも素敵な笑顔

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのなんです。



ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも治療可能になっていますね。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。


その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つなんですね。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間はつらくても禁煙するのが正解なんです。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっていますね。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかなんです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費なんですね。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状なんですね。高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えていますね。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思いますね。保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点なんですね。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。



このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

インプラント:大東市で、おすすめの歯科医院 インプラント:大東市で、おすすめの歯科医院
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのなんです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。


結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっていますね。


治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、人と状況によりけりなのです。


痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了なんです。
けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。

定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてくださいね。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。


手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。


どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントなんですね。


外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。
おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。



あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療なんです。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのなんです。

残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。



この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども歯科医を決めるためには重要なことなんです。一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのなんです。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業なんですね。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのなんですね。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めしますね。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。
入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。それは気にしないでください。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

インプラント:大東市で、おすすめの歯科医院 インプラント:大東市で、おすすめの歯科医院
金属があれば、そこは乱れて映ります。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。


例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中にすでに収めた税金を取り戻す申告をします。



医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事なんです。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴いますね。ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。



例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。


他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものなんです。手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れていますね。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技が物を言うといわれていますね。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでくださいね。

障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。


インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法なんです。


一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してくださいね。

もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるとされていますね。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。